アニメ誌斜め読み! 002「アニメージュ」「アニメディア」2020年12月号

 11月10日に発売した「アニメージュ」「アニメディア」2020年12月号でaninado的に気になった記事をそれぞれ紹介していこう。

■「アニメージュ」2020年12月号
 ○『映画プリキュアミラクルリープ にんなとの不思議な1日』
  脚本の村山功とプロデューサーの内藤圭祐へのインタビュー。企画経緯が語られている。
 
 ○『魔女見習いをさがして』
  キャラクターデザインと総作画監督を務めた馬越嘉彦による版権イラストがうれしい。インタビューでは、佐藤順一、鎌谷悠の両監督と関弘美プロデューサーが登場。他誌では登場することが少ない鎌谷監督の発言が多めに掲載されているのもありがたい。
 
 ○「この人に話を聞きたい」岩井澤健治
 映画『音楽』で監督を務めた岩井澤健治へのロングインタビュー。岩井澤健治監督が自主制作アニメを手掛けるまでから、7年掛けて制作された映画『音楽』に至る経緯をうかがっている。聞き手はアニメスタイルの小黒祐一郎によるもの。
 
 ○富野に訊け!!
  富野由悠季監督への人生相談コーナー。質問自体は何気ないものだが、富野監督が紹介したエピソードに驚く。
  
 ○『日本沈没2020 劇場編集版−シズマヌキボウ−』
  湯浅政明監督に本作で描いたことへの思いを聞いている。
 
 ○「バリウタの愛を知りたい!!」
  荒木哲朗と平尾隆之による対談連載。マッドハウスの後輩で『デカダンス』で監督を務めた立川謙を招き、マッドハウス時代のことや『デカダンス』について話を聞いている。

■「アニメディア」2020年12月号

 ○『神様になった日』
  原作、脚本、共同で音楽を務めている麻枝准へのインタビューが掲載されている。浅井義之監督と脚本が決定稿になるまでのやり取りや5話までの内容を踏まえたインタビュー記事になっている。

 ○設定資料コーナー
  今回は『おちこぼれフルーツタルト』『体操ザムライ』の線画設定がそれぞれ掲載されている。

アニメディア2020年12月号 [雑誌]

アニメディア2020年12月号 [雑誌]

763円(05/13 12:54時点)
発売日: 2020/11/10
Amazonの情報を掲載しています
Pocket

The following two tabs change content below.
機長
1987年生まれ。日中は、アニメの本とかを作っています。本サイト「aninado」の管理や脚本家雑破業に関する同人誌を作るサークル「超電磁弾痕」主催。おつまみ紹介同人誌を刊行するサークル「かるこーるぞく」企画、テキストを担当。